ニキビ 

原因

ニキビは皮脂腺から分泌された過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まることで起きる炎症が原因。
思春期に起きることが多いのでアーユルヴェーダではYauvanpidika,つまり若者のおでき、と呼ばれる。
顔や背中、肩などの皮脂腺の多い部位に起こりやすい。

アーユルヴェーダではニキビは3つ全てのドーシャの乱れが原因とされますが、特にピッタの乱れの影響が強く、ピッタの乱れがラクタダトゥ(≒血液)やメーダダトゥ(≒脂肪)を傷め、代謝の乱れから不純物が生成されニキビの原因となる。過剰な脂肪分の摂取や辛いもの、塩辛いもの、酸っぱいものの取りすぎでも悪化しやすい。 

アーユルヴェーダの基礎的な知識はこちらのページをご参照ください。

ニキビは肌の症状ですが、3つのすべてのドーシャが乱れ特に代謝の力であるピッタの乱れが主な原因で、そのために不純物が生成されそれらがラサ(≒血漿)ラクタ(≒血液)マムサ(≒筋肉)に蓄積され、やがてニキビが生じる。このようにニキビの原因は深い組織の代謝不全が原因なので外用の薬やクリームだけでは完全に直すことは難しいです。

生活で気をつけること

辛いもの 酸っぱいもの 塩っぱいものを控える
加工食品や脂っこいものを控える
刺激のある化粧品を使わない
ニキビを潰さない

ホームレメディ

香菜の汁小さじ2にターメリックひとつまみを加えたものを1日に2回とる

 
 
 

  お大事に

 

関連記事

  1. 豊かな黒髪のためのレメディ

  2. 咳のレメディ

  3. 便秘のレメディ

  4. ドライアイなどアイケア法 

  5. 過敏性大腸炎 IBS レメディ

  6. 頭痛のレメディ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ホームレメディ&ヨガセラピーに関する注意事項
ここに載せているホームレメディやヨガセラピーに関する情報は自己責任で参考にしていただくための情報です。症状が重い場合や悪化している場合などは速やかに医師など専門家にご相談ください。