過敏性大腸炎 IBS レメディ

過敏性大腸炎の原因は明らかではありませんが、ストレスや不安、緊張などの精神的要素や過剰な飲酒やカフェイン摂取、グルテンや乳糖に対する不耐性などが要因となりうるとされています。

症状
吐き気、腹痛、腹部膨満感、便秘、下痢、食欲不振、頭痛、疲労感、血便、粘液性便など

アーユルヴェータでは
このような症状になるのは3つのドーシャのバランスが崩れていること、そのために未消化の毒物が体内に溜まっている状態であると考えられます。そのため、診察によりヴィルクリティ(バランスを崩しているドーシャ)を探し当て、どの部位にどれだけのアーマが溜まっているかを判断し治療をします。
いづれにしろ、IBSの治療にはストレスの元となっている原因を取り除くことと、摩耗している神経を落ち着かせるために栄養のあるハーブを摂ります。

ホームレメディ(症状を軽減するためです。根治するには治療を受ける必要があります。)
  • 消化器の炎症をなだめるために生ジュースを飲みましょう
  • 酒類、カフェイン、炭酸飲料などの刺激物は控える
  • ガスが溜まる症状が辛い場合には、豆類、キャベツ、柑橘類を避けましょう。
  • 生姜湯や生しょうがを取ること
  • シナモンパウダー、ドライジンジャー、クミンパウダーを小さじ1づつ合わせ、ハチミツを加えてペースト状にしたものを一日3回に分けてとる。

 


  お大事にね!

関連記事

  1. 咳のレメディ

  2. ニキビ 

  3. 豊かな黒髪のためのレメディ

  4. 頭痛のレメディ

  5. ドライアイなどアイケア法 

  6. 便秘のレメディ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ホームレメディ&ヨガセラピーに関する注意事項
ここに載せているホームレメディやヨガセラピーに関する情報は自己責任で参考にしていただくための情報です。症状が重い場合や悪化している場合などは速やかに医師など専門家にご相談ください。