日光アレルギーの原因 思い当たること!

カリヤニ

先月アシュラム滞在中、乳牛のラクシュミ(写真は子牛のカリヤニちゃんとスワミの手!)がおいしいしぼりたて牛乳を提供してくれていました。毎日自家製ヨーグルトが美味しくて いけないと思いつつ結構食べていました。。

健康なイメージのヨーグルトですが、、食べ方や量を誤るといけません。。

ヨーグルトはアレルギー、肌症状の原因になるのです。。

今回の私の症状は、

・・・ヨーグルトを毎日食べることで体質が偏り、そこへ普段よりずっと強い日光の刺激が続いたことで 過敏に反応した、そう考えられます。。

ヨーグルト信仰は本当に根強いものがありますが、

アーユルベーダでは、ヨーグルトは日常的に食べてはいけないもの、なんです。

食べるとしても、日中に少量のみなんです。
それは、体質を乱す性質をもっているからです。。

ヨーグルトは腸の水分を吸収する質があるので下痢の時には適量をとると良い、と言われます、
しかし、摂りすぎや摂り方を誤ると便秘の元になりかねません。

さらにアレルギー体質(その他の病気)になっては元も子もありません。。

適量、というのも大さじ2〜3杯程度、せいぜい小さめカップ入りのヨーグルト一つです。

以前、知人の皮膚病についてドクターに相談した時、
まずはその人の食生活について細かく聞かれ、ノンベジ(魚肉卵も食べる)で少量の毎晩の晩酌をする、ということ、便秘ぎみなので毎晩ヨーグルトを食べてることを伝えると、
ハーブ薬より前にまず 体質を大きく乱す原因のお酒とヨーグルトをやめなければハーブ飲んでもしょうがないから、まずはそういったことをお話ししてみなさい、と。。

結局は処方箋ももらえず、、でした。
医食同源 と言いますが

病食同源 でもあるのですよね。。

次回はヨーグルトの質について調べてみます。

 

2015年10月よりヨガ&アーユルベーダ3週間コース始めます。
場所はティルバナマライのトリカヨガアシュラムで、ヨガセラピーに精通したアーユルベーダドクターが講師です。ヨガとアーユルベーダの知恵を心身の健康を保つために理解を深めます。
詳しくはインド流HPをご参照ください。お問い合わせはこちらからお気軽に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です