常識をリセット!

ヨガやア〜ユルヴェーダの 世界観についてちょっと考えてみたいと思います。

ヨガやアーユルヴェーダが知られるようになり、科学的な解説がなされるようになりました。

が、

科学的思考だけでは把握できない世界でもあるのです。

まずは物事への先入観を取り去ることから始まります。

食事に関しても、カロリーや栄養素といった考え方はせず、味や消化しやすさ、質などで分類します。

同じ食材でも調理法によって質が変わります。

ジュースにしても、水で薄めることで味が変わり質が変わる。
濃いジュースと水を別々に飲むのとは違うのです。

ヨガにしても筋肉や関節の動きや運動量が問題なのではなく、私たちの心身をなしている5つの自然要素エネルギーへの働きかけなのです。

だからちょっとしたアサナをすることでヴァータの流れを整えることができたりもする。
筋トレのように筋肉を鍛えることがメインの目的ではないのです。

むしろ激しい運動をすることや、エネルギーの流れを乱す動きをすることでかえって体調を乱すことにもなり得ますし、カロリーが低くても消化に負担が大きい食物もあるわけです。

不思議だけれど、コツを知れば少しの努力で体調を気遣えます。

筋トレ理論ではなく、根性論でもなくて ポイントを押さえて優しくバランスをとりながらいたわる健康法、というイメージですかね。

・・・自分をいたわる って、甘やかす、でもないし・・簡単なようでなかなかできていないものではないかな〜と思います。

そんな ”自分や家族をいたわるための知恵” を理解して実践するためのセミナーを南インドにて開催します。
詳細は下記リンクから。。 

2015年10月よりヨガ&アーユルベーダ3週間コース始めます。
場所はティルバナマライのトリカヨガアシュラムで、ヨガセラピーに精通したアーユルベーダドクターが講師です。ヨガとアーユルベーダの知恵を心身の健康を保つために理解を深めます。
詳しくはインド流HPをご参照ください。お問い合わせはこちらからお気軽に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です