マハシバナーディ葉の内容 ::インド流::

葉に書いてあったこと

私の場合

私の葉の第1部屋内容

女神パルバティはスクスマナディによってこの娘の将来を予言するようにシヴァ神に懇願した。シヴァ神は同意し、ここに予言する。
「IRUSUZHI SANGU REGA」 は彼女の親指指紋の専門用語で、良い家系に属すことを示す。
Markazhiの月、月曜日、12タミール年Virodhikrutu の年病院で生まれた。魚座の支配する時、ナクシャトラAswiniには火星が位置した。生年月日は19oo年12月27日 で中間子として生まれた。
敬虔で控えめ、寛大で思いやりがあり利口で要領がよい、高貴な特質を持つ。生まれもって霊的なことへ興味を持ち、霊的成長の頂点に達することを目指す。よい作法・態度・性格の持ち主。両親は存命で2人の兄弟と一人の姉妹がいる。一番上の兄弟は独立していて技術関係の会社に勤めており、未婚であるが交際中である。妹はガイダンス関係の仕事をし既婚である。2番目の兄弟は動物関係の仕事をしていて未婚である。
本人は未婚である。まだ結婚することはない。また科学系の卒業生で、現在霊的な成長のための修行のために霊的に卓越し瞑想に熟達した師の指導の下インドの北部の神聖な山のふもとに住んでいる。さまざまな聖典を熱読し平穏に過ごす。過去の偉大な聖者たちが残した神のメッセージを世に伝えることに興味を持つ。
さまざまな場所に保存された神秘学に関する予言や個人の運命を人々の橋渡しとなり、人々が自らの天命を知りそのために生きる手助けをする。霊的な師のおかげで、全能の神の祝福を得、すべての幸福と繁栄を楽しむであろう。
父親は政府機関の責任ある地位にあり医者である。母親は医療に携わっていたが最近退職し現在仲介業を通じて収入がある。両親の財産は家とその他がある。本人は弟と住む機会がある。名前はoooo huyuko (Hansiは霊的な名前)である。両親は○○と○○(名前)である。

木星がおとめ座にあり土星がふたご座にある時、つまり33歳の時この聖なる書を目にする。将来は非常に明るく成功する。
霊的な成長を切望し、聖地への巡礼、師の支援を受け人々の賞賛を得、使命をひとつひとつゆっくりと実現してゆく。
しかし、過去のカルマや占星術的なマイナス要素により、問題や困難に苦しむことがある。霊的な成長を求める道での努力は失敗や詐欺に合うかもしれない。現在住んでいる土地で誠実にやっているにも関わらず、仲間とのトラブルがあるかもしれない。
ねたみや嫉妬を持つ人たちが陰口をたたき、時にひどく傷つけることがある。敵対する人々のために、精神修養のためにインドにとどまることが難しくなる状況に陥るかもしれない。ぎりぎりの状況で自立できる道をみつける。しかし、仲間間の訴訟問題やねたみ、憎しみなどが緊張をし要り問題をもたらす。両親は健康上の問題を抱えうる。金銭面の損失などの問題のせいで、精神修養に集中できず進歩が滞る。このような問題を速やかに解決するために13-14章のレメディを行う必要がある。年ごとに社会的にも霊的にも着実に成長し幸せなときを過ごす。

34-35歳
この頃すべては順調で幸せに過ごす。またおそらく2005年の7月ごろ、霊的成長の証として額に内なる光が現れ力を得る。
師は限りある物質界の喜びを永遠のものにする方法を伝え、また他の数名の弟子らと良い影響を与え合い成長する。
両親からの支援もあり、穏やかで幸せな修行生活を送る。
書物や記事などがキーアイテムで、彼女は真実の追究のために、たくさんの書物を忍耐強く読みこなしてゆく。兄弟との関係はよくなる。
精神修養に関する組織の中で責任ある立場となりスピリチュアルな道の指導者として人々の指導にあたるようになる。
収入は安定し、助けを必要とする人々を導く。
一方で仲間に陰口をたたかれり、不本意な噂などの被害を受けてさらなる発展の道を妨げられるかもしれない。これを防ぐために13-14章の対処法をきちんと行うべきである。

36-38歳の間、
ますます修養を積む。年配の人の援助によってヨガ指導活動を行い、海外の仲間と協力してヨガ・霊的成長に関するガイダンスやカウンセリングの活動の場を広げてゆく。
彼女はヨガと瞑想に関連した新しい手法で指導にあたり人々の役にたつ。ナチュロパティーに関する技を学び、政府機関の援助を受け、新しく得た建物で活動していく。この頃収入も増え、いくつかの不動産を手に入れますが、節約を忘れずに人々のために使う。
39-40歳の頃、
この時期彼女の望みどうり結婚する。
新郎はより誠実で精神的な紳士で彼女の霊的成長を支える。彼は賢くて高貴な性質です。性格・態度もよい。中肉中背で精神的なことに深い興味を持つ。彼の名前は彼の性質を示すもので現代的な6音節で始まりの音は強い子音(DGRVなど)ではじまる。
始めの頃は普通の結婚生活のようだが最終的には霊的な関係となる。
協力しあいますます活動の場・領域を広げ物質的にも精神的に繁栄してゆく。
夫婦で諸外国を訪れ霊的活動を続け、人々に感謝される。
飼うペットは喜びを与え、また裕福な人からの援助により活動はさらに広がる。霊的な成長における困難や障害は師に対する献身的な態度により乗り越えられる。
41ー43歳
彼女は周囲の高い評判を得て人々の霊的成長を助ける活動を続ける。
望むなら子どもを持つチャンスがある。静かに平和で喜びに満ちた時を過ごす。
44ー45歳
この時期両親が健康の不調・自然災害・損失などの問題に直面するかもしれない。
44ー46歳
この頃、問題のある人々に汚名をきせられそうになったり、夫との意見の違いによるもめごとで心労が重なり、胃腸をこわして医者にかかる。
47-49歳
つらい時期が終わり彼女は再び人々の指導に専念する。活動は海外にもわたり、師の教えを説いてまわる。
50歳
教えを伝えるためにいろいろな場所を訪れる。そして瞑想することで内なる平安やその他のパワーを得る。
瞑想により彼女は未来を知覚する力を得て、人々の霊的な指導に役立てるようになる。
51-53歳
地道な努力と人々へ献身する態度のために有名になる。夫と子どもはとても思いやりがある。予知能力を使ったアドバイスは人々の役に立つ。
54-56歳
神経・目・呼吸器などが不調となり外科治療が必要な事態になる。この頃夫も不調を訴える。事態を乗り切るために13,14章の対処法、15章の病気に関する対処法をおこなうことが望ましい。
57-60歳
さらに人々への指導を献身的に行い、65歳で巡礼の旅に出る。夫や仲間にサポートされて霊的な成長を続ける。
67、68、70、75歳
夫の協力ですべてが順調に運び、人々への指導を続ける。
80歳
この年のchitrai月(4月15日~5月15日)の満月の後panchami tidhiの日の早朝、スピリチュアルセンターにて家族に見送られ安らかにこの世を去る。今生で彼女は解脱を達成し、来世はない。

subam

ラッキーストーン:珊瑚
ラッキーナンバー:9
ラッキーカラー:白
ラッキーデイ:火曜日
毎朝、太陽礼拝を行うことで幸福と繁栄を得ることができる。