タントラとは ::インド流::

タントラとは

タントラ
IMG_1163.jpg
タントラとは 悟りへの道。 自己実現を達成した魂が宇宙と一体となるための手法です。
この宇宙はシヴァ(宇宙意識 プルーシャとも言う)とシャクティ(エネルギー プラクリティとも言う)からなり、宇宙そのもの、宇宙に存在するものはこのシヴァとシャクティからなっています。私たち人間もシヴァとシャクティからなっていて、その力を使って悟り(=宇宙と一体化=神と一体化)をひらくための手法です。
悟り、というと何か日常からかけ離れた感じがしますが、つまり究極の幸せ、のことなのだと思います。

タントラの教えは、人生のありとあらゆる体験を 悟りへのジャンプに使おう!ということです。
お掃除や炊事などの家事や、悩める人間関係、恋愛体験、恐怖体験や、日々の仕事、おいしい食事、美しい景色を見て感動したとき、など、な〜んでもです。
日本でいうと、禅の教えはタントラから派生したと言われています。

つまり、意識の光を灯して生きれば人生そのものから学び成長し、自己実現を果たし、究極 ”悟り” (幸せ)へと導いてくれるよ! という教えです。
そのために
まず、瞑想をしよう〜!
瞑想。 それは心と身体を鎮めてそのもっと奥にいる自分の本質と共に過ごす時です。
日常の中で私たちの意識は外に向きがちです。 
あれをしなきゃ、これをしなきゃ、周りの人々や仕事など気を使って行動しなければならないからです。
そんな人生が続いて、最も忘れ去られているのが ”私” だったなんて忙しいとあまり気付かないものですが、心身は正直で、いづれ心が疲れたり身体が悲鳴を上げてしまうわけです。

瞑想では、自分の最も深い部分、感情も思考も入って来ない”意識”の部分と共にあることで、本来の自分を取り戻し心身の調和をとることができるのです。
自分に出会うこと。それは長年会っていなかった親友に再会するような、懐かしさを感じるでしょう。
その瞑想体験で得られる深い充足感は人生の状況やそとの環境には依りません。私たちが自身の中にいつでも感じることのできる、すべての人の中にある安らぎと癒しの場なのです。

まとめ:私の一番の親友は私自身だったのです。。いつも一緒!






u7HZLnXkG8uFM0w1395763611_1395763771.jpg

ページの先頭へ

ページの先頭へ